Home > 《キ》 キッズる~む > 絵本の棚(ⅱ)
ブログ更新情報
ブログを見る

携帯電話用QRコード

VRM5 《ばんぶ~ の ぺえじ》モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

絵本の棚(ⅱ)

== 本頁は〔絵〕15 からの ご案内です ==

☆ 詳細は 公開作品一覧 をご参照ください。
・絵本の棚      /〔絵〕14 まで   : 公開作品一覧 05
・絵本の棚(ⅱ) /〔絵〕15 ~ 18 : 公開作品一覧 06
・絵本の棚(ⅱ) /〔絵〕19 ~     : 公開作品一覧 07 
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *   *   *   *   *   *
● 画面上での操作 〔 クラウド仕様 〕 については コチラ のうちの 『 どんなこと ?? 』 を ご参照ください。
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  * * * * * * *   *   *   *   *   *   *   
● 下掲は 個別のご案内です。
========================================================================

〔絵〕22 ・わ わっ わー (復古編) / [171]

・ VRM5仕様です。
・ YouTube は コチラ からご視聴ください。

☆ この作品は 自然との対話 を主題としています。
・ 日本列島人の意識原点は 縄文 と名付けられた 一万数千年にも亘る期間に 熟成されたことは 現在では周知のことです。  
・ その時代の生活環境は 学説の一つには 土器や種子のDNAから判明することとなった 計画栽培の 野原 が居住地を取り囲んでおり その外にある 山 を越えれば 先祖の魂 の存在する世界が存在する というものがあります。
・ その後に伝播した 農耕 は 各地域文化の影響で耕作方法に相違があるものの その思考体系の是非は この場では不問としますが 自然と対峙することについては同様で 結果 現今の地球環境など に至らしめていることに 異論はないでしょう。
・ 欧米人には 彼らの遺伝子には 経験のないことから未生成で 理解不能となっている ところの 自然との共存 という 日本列島人独自の意識を 今一度 再認識する契機となれば との思いが この度の作品の背景となっています。
・ 鉄道が主体の作品であることから 支離滅裂の感のあるのは やむを得ないことではありますが 鉄道が有ろうと無かろうと 当作品を介して 日本列島人独自の観念の探索 を提示するものです。 当作品の鉄道は 修景の一部 として ご認識頂ければ幸甚です。
・ 関連することで 欧米人に 虫の音 が理解できず雑音と認識されるのは 自然との一体という意識 が希薄だからである といえるでしょう。

〔絵〕21 ・取っかえ引っかえ / [168]

・ VRMクラウド仕様 の映像の一部です。
・ VRMクラウド仕様では操作車輌の交換が規制されていますが これへの打開に対応したものです。
☆ YouTube ご視聴 ⇒ コチラ

〔絵〕20 ・あっ 軌陸車がッ . . .〔増補版〕 / [163] (#64)

・前回の同名作品に1編成追加しました。
・1編成の追加ではありますが 構成内容の変更は かなり多くなりました。
☆ YouTube は コチラ から ご覧ください。
VRM広場 から お好みの映像に更改して お楽しみください。

〔絵〕19 ・あっ 軌陸車がッ . . . / [159](#60)

・反転操作での運行 を主題とした映像の一部です。
・単線2線での運用です。 ・軽四車輌を 軌陸車 に見立てました。
☆ YouTube は コチラ からご覧ください。
・操作ができるための〔レイアウト公開〕をしています。 コチラ からご参照ください。

[156]〔絵〕18 ・急行線と緩行線の走り比べ / (#57)

・急行線と緩行線との相互乗入れの様子です。
・画面上で任意の操作が出来るシステム〔 VRM Cloud 〕で作成した画像の一部です。

☆ YouTube ご視聴は コチラ からです。
〔 なお YouTube から当頁を引照している場合の クリック / タップ は不適当です。〕

[155]〔絵〕17 ・ときには待つことも / (#56)

・ 概要は テロップ表示されます。
・ 離合する双方が 長編成 の設定です。  タイトルの所以となりました。
・ 幼年児にはどのような世界が創造されるのでしょうか . . . 
    一緒にご覧の成人の画面説明があれば 一層有用なことと思います。

☆ YouTube ご視聴は コチラ から どうぞ . . .
〔 なお Youtube から当頁を引照している場合は クリック / タップ は不適切となります。〕

[154]〔絵〕16 ・機回し風味

☆ YouTube ご視聴  ⇒  一覧 (06) からご覧ください。

[153]〔絵〕15 ・ぐるっと ひと回り

・  YouTub ご視聴 ⇒ 一覧(06) からどうぞ
・ どのような世界が起想されていることでしょうか  . . .
お問い合わせはこちら
ご覧いただく皆様に
・動く絵本作りに傾倒しています。
ご関心をお持ち戴いた映像の内容を お子様と一緒に変えてみませんか ! ?
・変えてみたい ご希望の内容 は 〔 お問い合わせはこちら 〕 から お知らせください。
・併せて 即興の詩文などもご案内いただければ幸いです。
・お差し支えありませんでしたら こ希望により改変した画像などを公開させて戴きます。